〒650-0015 神戸市中央区多聞通3−3−16
   甲南第一ビル302号室
 TEL 078-945-8108 FAX 078-945-8109


神戸リカバリー法律事務所







重要判例
                                            

「不法領得の意思」(刑法246条、最決平16.11.30)百選U(第8版)【31】

「本件において、Xは前記のとおり、郵便配達員から正規の受送達者を装って債務者あての支払督促正本等を受領することにより、送達が適式にされたものとして支払督促の効力を生じさせ、債務者から督促異議申立ての機会を奪ったまま支払督促の効力を確定させて、債務名義を取得して債務者の財産を差し押さえようとしたものであって、受領した支払督促正本等はそのまま廃棄する意図であった。このように、郵便配達員を欺いて交付を受けた支払督促正本等について、廃棄するだけで外に何らかの用途に利用、処分する意思がなかった場合には支払督促正本に対する不法領得の意思を認めることはできないというべきであり、このことは郵便配達員からの受領行為を財産的利得を得るための手段の一つとして行ったときであっても異ならないと解するのが相当である。

 

 神戸リカバリー法律事務所