〒650-0015 神戸市中央区多聞通3−3−16
   甲南第一ビル302号室
 TEL 078-945-8108 FAX 078-945-8109


神戸リカバリー法律事務所



法律実務
                                            

【ここから始める年金分割】

〈離婚時の年金分割〉

 離婚による厚生年金の分割には「合意分割」と「3号分割」があります。

 合意分割は、離婚等をした場合に、当事者一方からの請求により、婚姻期間中の厚生年金記録(標準報酬月額・標準賞与額)を当事者間で分割することができる制度です。

例えば、共働きでお二人とも厚生年金に加入されているケースで、婚姻中のお二人の厚生年金記録を分割する場合が考えられます。

話し合って合意をする必要があります。

合意がまとまらない場合は、当事者の一方の求めにより、家庭裁判所が按分割合を定めることができます。

請求期限は離婚等をした日の翌日から起算して2年以内です。

 一方、平成20年(2008年)5月1日以後に離婚等をした場合に、国民年金の第3号被保険者であった方からの請求により、平成20年(2008年)41日以降の婚姻期間中の3号被保険者期間における相手方の厚生年金記録を2分の1ずつ、当事者間で分割することができる制度です。

「3号分割制度」については、当事者双方の合意は必要ありません。

 例えば、妻が専業主婦の場合、婚姻期間中の夫の厚生年金(報酬比例部分)の半分が分割されることになります。

 3号分割のみ請求する場合は、合意の必要がなく、妻からの手続きだけで年金の分割が認められます。

 ただ、離婚等をした日の翌日から起算して2を経過すると請求できません。

 また、離婚成立後に夫が死亡すると、死亡日から1カ月を経過すると請求できなくなります。

 合意分割、3号分割のいずれの場合も、離婚した後「標準報酬改定請求書」に必要書類を添えて年金事務所に提出してください。                                                                       

 神戸リカバリー法律事務所